自動車保険へ入ろう

自動車保険はどのように選ぶべきかそのヒントを紹介

保険料やサポートなど自動車保険の選択基準は数々ある

値段で選ぶことも大切なので比較は忘れずに

選び方の基本は自動車保険としての補償内容を第一に考えることですが、そうは言ったところで値段で選ぶのも人情だと思います。もちろんこれは決して間違った選び方ではないため、自動車保険の加入先を決める時は各商品を徹底的に比較すべきです。同じサービス内容なら安いに越したことはありませんから、料金チェックでは妥協を許さないようにしましょう。またクオリティーが高く、かつ価格が安い自動車保険と言えばダイレクト型なので、価格を優先する際はそれを中心に調べます。代理店型と同額ならワンランク上の補償を付けられる場合が多いため、ロープライスでも充実の補償を確保できる筈です。ちなみに、ダイレクト型と呼ばれている理由ですが、これは代理店などを挟まず、保険会社が直接利用客と契約を交わすことに由来します。中間マージンや店舗の維持費が不要なことで実現しているプライスですから、これを選ばない手はないと言えるでしょう。

そうは言っても保険はじっくり相談して決めたい

その希望がある時は、やはり代理店での対面販売型自動車保険をおすすめしたいところですが、しません。その理由はダイレクト型でも、サポートデスクにダイヤルすれば、商品や補償に関して詳しく教えてくれる場合が多々あるからです。なので専門家の意見を聞きながら決めたい際は、電話サポートが整っているダイレクト型自動車保険を選べば良いと思います。そもそも各社の公式Webサイトには簡単入力の自動見積もりが用意されており、それを使えば黙っていても最適であろう補償プランを表示してくれるので、問い合わせすら不要かもしれません。ですから、自動見積もりなどのコンテンツが充実している自動車保険を選ぶのも有効です。

ロードサービスは使ったところで等級はダウンしない

自動車保険は補償を手厚くするのが最良ですが、もっと良いのは保険を使う事態にならないことです。もちろん自動車保険に加入している沢山の人が、何ごともなく契約期間を終えられています。それはとても喜ばしい反面、保険料を払うだけなので、ちょっと勿体ない感じもするかもしれません。そこで注目しておくと良いのがロードサービスです。補償内容や保険料が似たりよったりの場合でも、この点では意外に差が生じていたりします。ロードサービスはそれ単体で利用しても等級はダウンしないため、気軽に利用できるのが強みです。例え他車への衝突など、保険金がもらえる状況でロードサービスを使っても、保険金にさえ手を付けなければ、等級に影響することはまずありません。ですから軽微な出費なら保険金を使わず、自費で解決する予定ですと、使えそうなロードサービスが揃う自動車保険を選ぶのも一理ある選び方です。

人気記事ランキング