日本語学校を選ぶ方法

日本語学校の選び方

学校生活

自分にあった日本語学校の選び方

日本語学校は外国人や留学生などに日本語を教えるための教育機関です。日本のことがよくわからないうちに学校を選ぶ必要があったり変更がきかないため、自分にあった学校を選ぶというのはとても大変なことになります。目的にあった日本語学校を選ぶためにはいくつかのポイントがあります。ビザの取得ができるか、フルタイムなのかパートタイムなのか、レッスンの期間が選べるのかどうか、クラスの人数、授業のレベルの種類などを考えて選ぶ必要があります。その他学校の立地や宿舎があるかどうか、料金や教材なども学校によって差があります。

日本語学校の授業で重要な発音

日本語学校の教師は、発音についての説明で苦労することがあります。英語の場合は強弱アクセントですが、日本語の場合には高低アクセントになります。英語の話者となる生徒に教える場合には、自国語の癖を習性させて正しい発音を教える必要があります。日本語学校が立地する場所が海外であれば、発音の相違は必ず生まれてきます。しっかりと母音の長短も教えなければ、意味が全く違ってしまうこともあります。おじさんとおじいさんの発音の違いを明確にさせることで、外国人であっても日本人に負けないくらいに明瞭な日本語を使えるようになります。

↑PAGE TOP