学校での苦手な科目がある場合

学校での勉強の重要さ

学校生活

学校生活が苦痛に思うこと

学校生活の中で苦痛に思うことに、勉強があります。勉強はやらなくてはならないことですが、苦手科目がある場合などは苦痛に思うこともあるかもしれません。とくに英語が苦手だという場合には、英語の授業がつらくてたまらないということになりますが、そんなときに救いになるのが友人の存在です。学生時代に知り合った大切な友人は貴重な財産だからです。その後の人生にも大きな影響を与えてくれる友人は学校生活でつくられることが多いですから、なるべく深い付き合いをして本当の友人とよべる友達をたくさんつくったほうがいいのです。

苦痛と感じたら早めに相談

学校生活に苦痛を感じてしまう児童、生徒もいることでしょう。保護者としては楽しく通学してくれる事を望んでいても、あまり問題にすると事態が悪化してしまうと不安になってしまうことでしょう。本人が苦痛の理由を話してくれる場合ばかりではありません。このような状況は家庭だけで解決するのは非常に困難です。学校、地域、家庭と三位一体の解決が重要です。事態が悪化する前に早めに相談したほうが良いでしょう。先生に相談する場合も誠意を持って親の心情をお話すれば解ってくださり、一緒に解決の方法を考えてくださる事が多いでしょう。先生が頼りにならない場合は、地域の相談窓口などを利用しても良いでしょう。

↑PAGE TOP