学校の基本の教えとは

学校で大切なこと

学校生活

学校で挨拶をするよう教える

親は子供に幼い時からいろんなことを教えてあげることが出来ます。その一つに、学校できちんとあいさつをする大切さを教えることが出来るでしょう。朝、友達や先生と会ったなら、おはようございますときちんと言うように教えましょう。簡単なようですが、家庭で親がきちんと教えていないので、簡単なことが出来ない生徒がいます。また、給食を食べる時にはいただきますそして、給食が終わった後にはごちそうさまでしたと言うようにも教えましょう。学校できちんとあいさつが出来るように教えることは、基本ですのでしっかりと教えましょう。

あいさつでわかる日常

お受験や転入先を探すなど、何らかの理由で学校教育の良し悪しを判断したいとき、比較的わかりやすい指標の一つが生徒たちのあいさつの仕方です。来客であるあなたに対する生徒たちの態度や、近隣住民や教師と話すときに敬語が使えているかどうか、また、生徒同士で乱暴な言葉をかけ合っていないかなどを気をつけて観察すると良いでしょう。あいさつは家庭のしつけの成果と思いがちですが、教師や先輩が正しい言葉使いをしていればと新入生もできるようになります。聞いていて気持ちの良い声かけができる学校であれば、生徒たちが普段から落ち着いた生活を送っていると判断できます。

↑PAGE TOP